取り組み

当社では、お客様にいかに新鮮で有益な情報をご提供できるかを行動の核としております。情報発信の機会として新商品や最新技術を実際に見て、触って、体験していただくためにプライベートショーを。また、商品をより有効にそして効率的にご利用していただくために、メーカー技術者による技術セミナーを当社の多目的センター(ANNEX)にて開催しております。一方、日本工作機械見本市、機械要素技術展、メーカーが独自に開催する展示会等への見学会も計画的に実施しております。都度ご案内させていただきますので、是非ともご利用ください。

 

当社では、お客様の即納のご要望に対応できるよう、各種切削工具の在庫体制を充実させてまいりました。主力切削メーカーの在庫アイテム数を拡充させると共に、これをシステムとして充分に機能させるための在庫管理システム(MATRIX)を導入し、入出庫の履歴をベースにリアルタイムに現在庫を把握するのはもとより、需要予測に基づいた自動発注を実施しております。

切削工具・在庫アイテム

オーエスジー㈱
超硬エンドミル、超硬ドリル、超硬タップ、ハイスエンドミル、ハイスドリル、ハイスタップ、バンドソー
京セラ㈱
旋盤・フライス用チップ、超硬エンドミル
㈱不二越
ハイスストレートドリル
日進工具㈱
超硬エンドミル
 

これからの企業経営は、環境問題への取り組みをなおざりにしては、その発展は難しいと考えています。機械・工具を扱う商社としてこの問題に積極的に関わっていくため、自らが排出する環境負荷物質を抑制するのみならず、当社がお取引先様にご提案する環境配慮型商品を使用していただくことにより、間接的であってもこれに貢献していこうとするものです。この取り組みにより、企業活動と環境保全との共存に、少しでもお役に立てればと考えています。

環境マネジメントシステム(ISO14001:2004)

取 得 日
2007年8月6日
適用範囲
工作機械、切削工具、産業機器及びメカトロ機器の卸販売(本社)
登録番号
JP07/070132
 

環境方針

《 基本理念 》

株式会社タックは、工作機械、切削工具、産業機器等を扱う商社として、地球環境の保全が人類にとって最重要課題であることを認識した上で、環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善を図ることにより、企業活動と環境保全との調和のとれた、環境にやさしい経営をしていきます。

《 行動指針 》

1. 取扱商品の中でも、環境配慮型の商品を優先的に提案していきます。
2. 事業活動を通じて発生する環境負荷を明らかにし、低減するための活動を実施します。
3. 環境に関連する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、環境汚染を未然に防止します。
4. 全ての社員に環境方針を周知させ、環境保全に対する意識の向上を図ります。
5. 環境方針は、当社に関係する会社に周知するほか、広く社外に公開します。

2007年1月1日制定 株式会社タック
代表取締役社長 髙藤 直利

PAGE TOP